綺麗に食器を棚に並べる2つの掟
アンティークの高価な物から、リーズナブルなホームブランドの物まで、可愛くて食事の時に心ときめく食器が多くあります。お店で見ていると思わず衝動買いしてしまい、収納場所がなくてついつい棚にむりやり詰め込んでしまいます。奥に詰め込んだ物はいつの間にか忘れ去られ、同じようなものを購入しがちです。また、ごちゃごちゃとした棚の中では、せっかっくの食器の魅力が全く発揮されません。そこで覚えておいてほしいのがこの2つの掟です。 掟その1食器は色ごとに分けて収納 ついつい同じ形の食器を重ねて並べてしまいますが、これが棚の中が雑然と見える原因です。形ではなく、色ごとにまとめることで統一感が生まれます。 掟その2食器は平積にしない 平積みでおいてしまうと棚に余裕が出来て、必要以上の量を購入してしまう上に底においたお皿は出しづらくおそらく日の目を見ることはありません。百円均一などで売られているディッシュスタンドや、ブックフォルダー(実はかなり有能です)を利用し縦に並べると、出し入れがしやすくなり持っている食器の種類を把握できるので不要なものを購入せずにすみます。 この2つの掟を守るだけで見違えること間違いありません。